I am super new to this hobby, so I am leaning so many things from Internet and youtube.
Most of things, I can find the answer not so difficult, but I found some certain things,
we can not find clear answer from Internet.

I found one of those unwritten thing with Naze32 flight controller.

I built up my first QAV-R 5″ a week ago, this was my literally first self-built mini quad ever.
Also I have to mention that, I’d never used/played with these “RC toys”.
So I had no idea what I need and how it works.

I used a KISS FC for my first QAV-R.
I bought a KISS FC just after I’d purchased all set-ups for my first quad, including Naze32 Acro Rev6.
But while I was waiting for those arriving, I saw so many people start using KISS FC,
and those video looked just amazing.
So I just decided that I was going to use KISS FC for my first quad.

Surprisingly, I had NO trouble with KISS FC, like I mentioned,
I never play with these “RC” things, I had no idea what Radio transmitter does
and what Receiver does, how I should connect those.
I researched, and I found answers, those answers did make sense to me.
I did wiring all connection with KISS FC, it worked perfect.

I put battery voltage into KISS FC, KISS FC regulates voltage he wants by himself,
also he provides 5V to the receiver which connected to him, too.

This is so clear, it make sense to me.

But, yesterday, while I was building second QAV-R with Naze32 FC, I trapped.

WE NEED TO PROVIDE 5V TO HIM.
The offcial website says we can put up to 16V into Naze32 FC,
But WE MUST USE 5V, giving him 5V.

This is I think stupid.
Non of Receiver accept 4S voltage(14-16.8V), so this is so pointless that
we can put 16V directly into Naze32 FC.

If we put 16V, which I did was I put 4s voltage, so it was 16.8V,
to Naze, Naze32 provides same voltage to all his connections, such as Buzzer and
Receiver, those are not acceptable such high voltage, most of the time.

First, I used KISS FC, so it was so clear, WE NEED PUT SOME ELECTRICITY for him to work.
And he, KISS FC is very clever, he knows what we are doing these days, we use mainly 3S or 4S.
So we provide him whatever voltage we are using (KISS FC is capable of 2-6S),
he regulates it by himself, also provides 5V to the receiver which all of us have to connect it to FC.

There was Zero question.

When I found this chart, I thought “VBat Connector” is where I put input voltage to make Naze32 FC works.

But it is NOT.

It is just “Voltage Checker”.

We need to provide “5V” from those ESCs pads(holes).

This was so un-written, I couldn’t find any clear answer, so I did
tried this by my self, and almost I burned up my receiver with 4S voltage.

Naze32 Rev6 Acro FPV tokyo QAV-R KISS FC

最初にKISS FCを使った。すごく分かりやすく、逆にズブの素人の自分だから?か、KISS FCは
めっちゃくちゃ理にかなっていて何も迷うことなく、少ない情報とはいえ、調べて、考えて、繋いで、
今思えば不思議なくらい簡単に接続でき、しかも何の問題も起こらなかった。

なので今回逆にNaze32 Rev6を使用する際に、完全にハマったことがあったのでシェアしておこうと思う。

KISS FCを使った際に、KISS FCはFC自体に5Vのレギュレーターを内蔵している。
なのでもっのすごく分かりやすい。3Sでも4Sでも、範囲内の電圧をFCに投入する。
当たり前だ。電化製品なのだから、動くのに電気がいる。なので動かす為の電力を入れてやる。
コンセントがFCついてるから、そこに電力を入れるだけ。しかもこのKISS FCは頭の良い、よく出来た子なので、
昨今のみんなのことを理解している。使うのは2Sとか3Sとか4Sとかでしょ。その辺、全部
許容できるように準備しておくよ。だからセル数は何でもOKだから、使っているバッテリーの電力をつないで。
で、FCの僕にはReceiverをつなぐでしょ。Receiverは5V必要でしょ。だったら僕が供給するよ。
(2-6Sまで投入可能です。)

なんて、、なんて良く出来た子なんだ。
ものすごく、しごく当然の接続なので、一発で「意味」が理解出来たし、そのようにしたら
な〜んの問題もなくその通りに動いた。

なので、Naze32 Rev6も、当然電化製品だ。だから電源を入れるためのコンセントがあるだろうと探す。
ん〜。。。。今ひとつコレ!という回答が見つからない。

ひょっとして。。。やってしまったか。。。Pololuが、ステップダウンが必要だったのか???
などと思いながら、どこかで2S〜4Sまで投入できるというのを読んだはず。。。と探す。
その途中で、多分ここだろうという所を発見する。Battの電源を入れると書いてある。
逆に、ココ以外に電源を投入する場所がない。しかも、あったあった。2014年以降は16VまでFC自体が
許容できるよって、正規のサイト自体に書いてあった。よしよし、これだ。

?????

動かない。
は??ひょっとして買ってから一度も確認してなかったし。。。不良品??
あ、でもハンダ付けを失敗しているという可能性もある。

ピー。

テスターで量る。完璧に電力は来ている。
おかしい。

試しにUSBを繋いで見る。

動いた!

でもバッテリーでは、、、動かない。

更に探す探す。
あまりコレ!という情報を発見出来ない。
しかし、例のBattの電源を入れる箇所。その役目が書いている部分を発見。
「電源の電圧チェッカー」
ひょっとして。。。
そんなまさか。
ただの電圧をチェックするだけの投入口か?
そんなもん、このご時世、いるか??(いらない。)
6Sまで投入できるんだったら、自分で整流くらいしろ!!!!というのが結論。
まさかのまさかでした。
完全に「電圧を量る為だけの接続箇所」で、その隣にプザーをつなぐことで、
電圧が設定値より下がったらそのブザーを鳴らしてくれるんだって!
アホか!上空で聞こえないよ!
(たまたま自分のセットアップにはTBS PNP50が付いていて、これにマイクを積んでいるので聞こえるが、
それはたまたま自分のセットアップの話であって、普通は音など聞こえない。)

で。

そうです。恐れていたオールドスクールが正解でした。
ESCから電源を投入するタイプ。。。なんていう時代錯誤。。。

そんなわけで、みなさん、Naze32は5Vの入力をこちらでご用意して差し上げる必要がございます。
ご注意を。
自分は結局TBS Core PNP50にカメラ用に5Vを出していたので、そこから配線分けて
Naze32に入れました。もちろんPololuなんかを待っているだけの忍耐力がないからです。
そして何よりも、絶対にKISS FCの在庫が戻ったら、その瞬間に10枚くらい買っておこうと心に決めたからです。
なのでこの処置は完全に臨時の処置でした。(あ、10枚はウソです。多分3枚くらい。)
KISS FCにASAPで交換します。

でも本当に意味が分からん。
何のために16Vまでの入力が耐えられるようになりましたとかヌカスのか????
そもそも16Vだと、4Sをつなぐとはみ出ます。4Sの紙面上の数値は3.7×4の14.8ですが、
基本的に4.2×4の、16.8が入ります。
実際に自分もつないでしまったので、16.8は大丈夫です。そこは確かに16Vまでの入るものが
厳密に16Vを超えたらアウトというのは考えにくいのでOKなのですが、ただ、あっきらかに熱かったです。
このまま使い続けてはいけない、夏場など絶対にアウトだ、と確信できる熱をFC自体が発していました。
なので16Vを入れていい訳ないと思います。16V入れると、FCガンガンに焼けます。

そして、、、さらに、、、16Vを入れると、FCからの全てのアウトプットが16V(繋いだ電圧)になります。
なので、Buzzer、アウト! レシーバー、アウト! ESCの信号の入力値、書いてないから不明!

なので、アウトです。
全く持って16Vを入れられる意味が分からん。何をどう計画を立てて設計したらこんなお粗末な仕様になるのだね?
FCにレシーバーを繋げないで使うという、そんなミラクルな人がいるのかね?いるわけない!

本当に本当に意味不明な仕様で完全にハメられました。
多分ひと世代前のFCなんだな、、、と思いました。
やっぱりKISS FC最高。(これしか使ったことないから大きなこと言える立場じゃないけど。)
一日でも早く在庫が復活してくれることを願っております。
頑張れFlyduino