これをかなり前に書き始めて下書きに入ったままだったのですが、丁度今日まさにアンテナについて思ったことがあり、バッチリなタイミングでした。
一番最初に、まだ全くFPVをする前、1機目の購入部品を検討していた際にどのアンテナを買うべきか調べていた。もちろんFPV著名人達は問答無用でFatshark/ImmersionRCのあのアンテナを使用している。なのでそれを使えば間違いないので、そこまで考える程の問題でもない。でも、、、1本で2300円もする。一方、中国製アンテナは2本で(あえてTX、RXセットと言わないのは、どっちがどっちでも良いので)800円。6倍近い値段差がある。では性能に差があるのか。正直かなり色んなyoutube動画を見て調べたが、私なりの結論としては「残念ながら然程顕著な差が確認されない」というのが結論だ。というのも、色んなアンテナ比較動画があり、その動画の本人達は何かしらの結論を言っていることが多いのだが、見ているこっちとしては「いや、こっちの方が良くね?」と思うことも多々ある。なのでそんな状況も含めて私なりの結論は、「どれも然程違いがない。」でファイナルアンサー。もちろん指向性アンテナや、パッチアンテナとかは別の話なので、今回はクローバーアンテナに関して。ちなみに最近FPV著名人が使い始めているTBSのTriumphですら、出た当時比較動画をかなり漁ったが、残念ながら、、、大して違いが認められないという結論に至っている。(ただこれは個人的に試してみたいのでいずれ購入しようとは思っているが。)

※あれ以来結論に至った動画を探しているのだが一向に見つかる気配がなく。。。
なので結論だけ言うと、ヨーロッパの外人がアンテナ以外の条件を同じにして、歩いてゴーグルを見ながら家から遠くへ出かけるという動画。信号が切れた地点に印を付けて、中国製の安いもの、Fatshark/ImmersionRC、IBCrazyのBlueBeamを比較するという主旨。結局フタを開けてみたらものの見事に印が全部同じ位置に付いたという結論。これを見て、私は自信を持って中国製の一番安いアンテナを買ったという経緯がある。
 
 
5.8G Gain Petals Clover Mushrooms Antenna Set
http://goo.gl/XMOji6
 
 
しかし。
実際にこうして飛ばし始めて、ターンの練習とか、低く飛ばす練習とか、頻繁に機体を転がすことが多くなるに連れて、この中国製を使っていて顕著に思うことがある。それは、、、ものすごく軟弱。Fatshark/ImmersionRCのアンテナに代表されるように、多くのアンテナは、アンテナ線の外側にケーシングがあり、そのケーシングがいわゆるフレキ管のように手で自由に曲げてクセを付けられる仕様になっている。
FPV tokyo ImmersionRC QAV-R
これはアンテナのコネクターを出す位置とかで個人の好みだと思っていたが。。。強度も違うんだと思われます。アンテナを沢山壊してきた、という話を外人の動画でたまに見てはいましたが、確かにアンテナって、、、何故かかなりの頻度でダメージが与えられ、ダメになるものなんだなと気が付きました。

FPV tokyo QAV-R KISS FC

最終的に一番納得した動画はコチラ。
たまたまですが私はこの人のチャンネルを購読しており、かなり好きな人です。最初はちょっとこのテンションに、、、少しとっつきにくく敬遠してましたが、次第にこの人の実直さが垣間見れる部分に出会い、いつしかかなりお気に入りのチャンネルになっております。是非他の動画も(少し我慢して)見てみてください。おじいちゃんが出演する回とか結構好きです。

私が調べていた時よりも大分後にまとめられたココでもなんと!結論が一緒だったので嬉しくなってこの動画も添付しておきます。これは2016年3月の始めなのでかなり最近まとめられた情報であり、かつFPVを調べたことがあれば誰でも必ず一度は見たことのあるこの名物おじいちゃん。いつも原理をしっかりと解説してくれるので説得力があります。

ちなみに本日、めでたくブチっとちぎれて中が見える状態になりました。なので兄の機体用に買ってあった評判の良いAomwayの方に取り替えようかと思います。
FPV tokyo QAV-R KISS FC

Aomway 5.8GHz FPV 4 Leaf Clover AV Transmission RHCP Antenna 1 Pair
http://goo.gl/j7CaEP
(色が選べないのが難点ですが。水色か赤のどっちかがランダムに送られてきます。私は赤でした。)

 
 
 
交換後
FPV tokyo QAV-R KISS FC